スポンサーサイト

--.--.--   [スポンサー広告]

密着ドキュメント 第2回 「スーパーサラリーマン:hitabon氏の休日」(3/4)

hitabon    長男  次男 
2011.05.03   [密着ドキュメント]




前回までのお話
密着ドキュメント 第2回 「スーパーサラリーマン:hitabon氏の休日」(1/4)
密着ドキュメント 第2回 「スーパーサラリーマン:hitabon氏の休日」(2/4)

■13:00
ショッピングモール内のフードコードで昼食をとるようだ。

妻「昼食は何を食べようか」

hitabon氏(以下h)「いやぁ良かったね。お父さん若さを貰ったよ。あの生足がね、」

妻「昼食は何を」

h「お父さんはな、ずっとスカートが風で捲れるんじゃないかとひやひやしてだな、」

妻「昼食…」

h「扇風機誰か持って来い!!みたいなね。それでスカート捲れたらドゥドゥビドゥなんてね」

妻「昼…」

h「まあ、そんな事言ったら、お前年いくつだ?みたいな感じになっちゃうけどね」

妻「…」

h「それは、それで、ご馳走様です?みたいな?的な?海老名?サービスエリア?」

hitabon氏はとても満足しているようだった。

■14:00

妻「ちょっと子供の服を見てくるから」

奥様が一人、子供用の洋服店に入っていった。
残されたのは、hitabon氏と子供二人の計三人。

h「う~ん、長くなりそうだから、何かしてようか」

長男「あそこで遊びたい」

長男君が指差したのは、ショッピングモール内の有料遊戯施設だった。
室内用の大きな滑り台や、アスレチックが配備されている。

h「ああ、あれね。でも、あれ、中に入るのにお金かかるんだよ」

長男「お金持ってないの?」

h「持っていないこともないけど…」

次男「総合的に言えばお金はありません。が正解ですね」

h「…いや…」

次男「アイドルの生足を見に行く心の余裕があっても、大切な息子達を遊ばせる心の余裕はありません。が正解ですね」

h「…」

次男「ないのはお金ですか?心の余裕ですか?それとも両方ですか?が正解ですね」

h「ぐ……行ってやるよ。行こう。がつんと遊ぼうぜ!お前ら!!」

長男「やった!」

こうして遊戯施設へと3人は入っていった。

■15:00

h「かれこれ1時間は遊んでいます。うちの嫁のちょっと行ってくるは単位が1つ大きい気がします。どうもhitabonです」

スタッフ(以下ス)「あの、一体誰とお話を…?」

h「独り言です」

ス「まぁ、確かに奥様長いですね…」

h「女の買い物と秋の空は嫁に食わすな、ってね…」

ス「いろいろ混ざって間違ってますよ…」

h「ああ、もうそろそろ時間だ。この施設は30分単位でお金が掛かるんですよ。既に1回延長しています」

hitabon氏は子供達を呼び寄せた。

h「よしもう行くぞ!!」

長男「ええ!もっと!!遊びたい」

次男「まだ帰っちゃいや、社長さん」

h「ぐぅ・・・」

次男「しゃちょさんの面白い話もっと聞きたいわぁ」

h「じゃあ…あと30分…」

長男「やったぁ!」

次男「3番テーブル、ドンペリはいりまーーす!!」

こうして3人は、再び都会の闇へと消えて行った。一体、何が彼らをそこまで駆り立てるのだろうか。

密着ドキュメント 第2回 「スーパーサラリーマン:hitabon氏の休日」(4/4)へ続く

web拍手 by FC2
コメント
コメントフォーム














管理者にだけ表示を許可する
送信時に拍手も送る(拍手用のウインドウが開きます)

プロフィール

名前 : hitabon

2児(♂5歳、♂3歳)の父親です(プロフィール詳細はこちら)

連絡先はこちら
お知らせ
※当ブログへのリンクは連絡不要です
人気記事ランキング
スポンサードリンク
Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。