スポンサーサイト

--.--.--   [スポンサー広告]

そこは外側か内側かをとやかく言われないための簡潔なまとめ

hitabon 
2011.04.12   [日記]




 あなたにとって魅力的な異性が人差し指で鼻を弄(いじ)っていたとする。
 
 あなたは何を考えるだろうか。

 断言してよい。きっとあなたは、その人差し指が触れている部分が鼻の外側なのか内側なのかを見極めようとするだろう。

 今回は、日本社会に暗い影を落としている鼻の外側と内側の問題について考えてみたい。
 
 もし鼻の外側を弄っている人がいたとする。それは何を意味するのか?
 痒みをおぼえた部分に人差し指を当て摩擦させることで、その痒みを解消しようとしているだけかもしれない。漫画においては"照れ"を表現するために鼻の頭を弄ることがある。それを真似て弄っているのかもしれない(あなたは漫画の主人公じゃないのよ、目を覚まして)または、その日の宴会のために準備していた鼻からピーナツを噴出する余興を練習していたらピーナツが取れなくなってしまい、ああせめて大豆にすればよかった、いや米を詰めて人間精米機とすればよかった、と後悔しているのかもしれない。いずれにせよ、もし外側を弄っていたとすれば、それは単なる微笑ましい光景であると言える。
 もし鼻の内側を弄っている人がいたとする。それは何を意味するのか?
 紛れもなくその人間は鼻をほじっている状態にある。鼻をほじる、これは古来日本より忌み嫌われてきた行為である。平安時代においては、将来鼻をほじる人間にならないように、妊婦のいる家の周りに鼻の型をしたラスクとフランスパンを交互に配置し、如何に外見のみでこの二つを判別するかをお産が始まる直前まで村人全員で話し合っていたと伝えられている。江戸時代においては、町で鼻をほじっている人がいたら問答無用で切り捨てられたとも言われている。それは現代においても通じるものがあるだろう。その異性がどんなに魅力的であっても、鼻をほじっていただけでその人に対する興味は激減してしまう。

 以上のように、指の触れている部分が外側か内側かにより、社会的責任、性的魅力、道徳観念、千客万来、阿鼻叫喚、東方不敗に天と地ほどの差がついてしまう。外面より内面を重視する、とどれほど言述を重ねたところで、鼻の外側に人は正義を置く。僕達が愛してやまないのは鼻の内側ではなく外側だ。それ故に人は鼻を弄るという行為を目撃した場合、それが外側、内側どちらに向けられたものなのかを見極めようと必死になる。これは理屈ではない。より良い子孫の残すための生物的本能と言っても過言ではない。

 ここまで鼻の外側、内側と論じてきた。しかし、その境目はどこであろうか。どこからが鼻の外側で、どこからが鼻の内側か。
 鼻の頭頂部、最も体の前面に突き出ている部分を弄っていた場合、恐らくほとんどの人間がそれは外側と判断するだろう。小学校受験レベルの問題だ。私の息子の幼稚園の先生(とても美人でいい香りがする)も先日の入園説明会でそう言及していた。
 では鼻の下側、鼻と唇の間の溝の部分、いわゆる人中と呼ばれている部分を弄っていた場合はどうだろうか。この辺りを考慮する段階から少し暗雲が立ち込めてくる。もしあなたがその現場を目撃したならば、2度見してしまうレベルであろう。しかし、結論は外側。人中部分は鼻の外側。目の前から歩いてくる女性の人中部分にご飯粒が付着していたとする。その時、そのご飯粒を躊躇なく私は口に入れることが出来る。だから外側。
 もう少し踏み込んで考えたい。鼻の淵の部分、鼻の穴と呼ばれている部分の外周、ここを弄っていた場合。これは非常に難しい。そこは外側か内側か学者の間でも意見は分かれる。外側説を唱えるある学者は言う。「鼻の淵なんか飾りです!偉い人にはそれがわからんのです!」私見を述べさせてもらえば、この学者はただのガンダム好きであろう。また内側説を唱える学者は言う。「ポニョ、日ハム大好き!」再び私見を述べさせてもらえば、これはいまごろポニョに嵌っている息子がよく言うフレーズを一部改変したものだ。
 では最後に、鼻の内壁部分、鼻の穴の中を弄っていた場合はどうか。うん、もう鼻ほじってるよ兄さん。兄さんは鼻をほじるような人ではなかったはずだ。思い出して、鼻の外側を一緒に弄っていたあの時を思い出して!僕がいるのは鼻の内側じゃないよ、外側だよ!!!
 世間一般の意識はどうであろうか。新橋駅前の会社帰りのサラリーマンに対するアンケート結果を以下に提示する。
 
「あなたは異性のどの部分に魅力を感じますか?」(回答者100人)
 鼻の穴の中…59人
 人中部分…13人
 全部…7人
 とりあえずビール…21人

 鼻の内側を人前において弄らないに越したことはない。しかしどうしても弄りたい、弄らなければならない場合はどうしたら良いだろうか。「トイレなりプライベートを保てる場所に移動してから、貪るように思う存分鼻の内側を弄ればよいではないか」と考えた方もいるかもしれない。
 しかしそうもいかない場合がある。
 ここで一つ想像して欲しい。あなたは25才華のOL。今、結婚式の披露宴の会場にいる。煌びやかな黒いドレスをあなたは身にまとい、友人席から新婦の姿を眺めている。新婦は中学時代からの親友明美。どこでもドア研究会で顔を合わせて以来の大親友だ。盗んだバイクで走り出したこともあった。新郎は1歳年上の高志。明美は、私と高志は面識がないと思っているが実は私の元彼だったりする。でもそれはナイショ♪。さて、いよいよ友人代表のスピーチの時間だ。友人代表はもちろん私。司会の女性から私の名が会場に告げられ、マイクの元へ向かうべく私は立ち上がる。しかし、その時驚愕の物体が視界の端に入る。鼻の淵の辺りを薄い茶色の何かがふよふよ蠢いている。これはまずい。マイクの元へたどり着く前に取り除かなくてはならない。鼻の外側か内側か議論が分かれるデンジャラスゾーン、鼻の淵を指でこすってみる。だめ、取れない。まだ得たいの知れない物体は風になびいている。ここで立ち止まる訳にはいかない。会場100人の視線が渡したに集まっているのだ。どうする私。どうする!?
 次にこんな想像もして欲しい。「武雄は!?武雄は無事なのか!?」誘拐犯から掛かってきた電話にあなたはまくし立てている。大切な息子が誘拐された。あなたの周りには警視庁の誘拐対策チームの精鋭10人が固唾を飲んで見守っている。犯人が要求を伝えてくる。「横浜の埠頭に3時半、お前一人で来い。その時に鼻の穴の中に1000万詰めて来い」あなたは悩む。鼻の穴の中に1000万詰める事は構わない。むしろいつも詰めて幸せを感じていたい。しかし、そのためにはまず鼻の穴の中を掃除しなくてはならない。周りには多数の警官。人前で鼻をほじるなんてとても私には出来ない。だが早くしないと息子の命が。どうする私。どうする!?
 
 何処にいても簡単に鼻の内側を弄るためにはどうすればよいだろうか。日本の風習として人の目に触れたくないものはそっと手で覆い隠すことがある。この場合もそれを用いる。人前で爪楊枝を使用するとき、手で口を覆いながら使用するだろう。それと同じように、鼻を手で覆う。そしてもう片方の手で存分に鼻の内側を弄ればよろしい。周りから見ている人からすれば「手に覆われ見えないだけで、もしかすると鼻の外側を触っているかもしれない」と錯覚させることも出来る。攻守一体型の弄り方と言える。
 今度は反対に、鼻の外側、とりわけ外側か内側か微妙なラインの僅か外側の部分を弄りたい場合はどうすればよいか。勿論、前述の方法を使うことも出来る。しかしそれには一点問題がある。そもそも外側を弄ろうとしているのに、不要に内側を弄っているのではないかと疑われてしまう。自分は外側にのみ一心に注力したいのに、世間からは内側ではないかと後ろ指を指されてしまう。これは避けたい。そこで次の方法を提案したい。まず利き手ではない方の手の人差し指、中指、2本を用いてピースの型を作る。次にその二本を鼻の穴の中にいれる。くれぐれも注意して頂きたいのは、指を入れる際にはびくびくせずに、ただ雄大に、そして荘厳に入れて欲しい。これは決して恥ずかしい事ではないのだ。そして、満を持して利き手を使って鼻の外側を弄る。鼻の内側は塞がっているため、誰が見ても鼻の内側は弄っていない。大丈夫、みんな。こっちにおいで。断じて私は鼻の内側を触っていないよ。おいでよ。ほら、怖くない。怖くない。ほらね、怖くない。怯えていただけなんだよね。ユパ様、この子、私にくださいな。

 鼻の外側と内側。常に人はこの2面性を持っている。内側があるからこそ外側があり、外側があるからこそ内側がある。この因果関係から私達人間は逃れることは出来ない。この二つを生かしてどうやって生活しいていくか。また如何により良い鼻の弄り方を後世に残す事ができるのか。それこそ現代社会に生きる私達に課せられた重要な使命ではないだろうか。


web拍手 by FC2
コメント

No title

極彩色日記Ⅱも覗いてみてください。Y・K
http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/

No title

人類永遠のテーマですねww
いっその事あごの下とか耳の下に鼻があれば隠れてほじることも無く誤魔化せただろうに、、
人は進化を間違えたのだろうか
まぁ何処に鼻があろうがほじってるの見たら引くでしょうけどw



No title

 外側であっても
心理学的には大変恥ずかしいことのようですよ。
 
 女性の前で男性が鼻の外側をこすったりしていたら・・・
ある欲望を!!!!いわずもがなですね?
 いっそ、ほじりましょう。

セメントありがとうございます

Y・Kさん
ありがとうございます!また寄らせて頂きますね~

雅さん
>>人は進化を間違えたのだろうか
生まれながらにして人は鼻の中に原罪を背負っているのですね。
>>まぁ何処に鼻があろうがほじってるの見たら引くでしょうけどw
小学校で、トイレの大と鼻をほじる事は決して恥ずかしいことではないんだよ!という事を教育してもらわないといけませんね

sakanannakaさん
>>女性の前で男性が鼻の外側をこすったりしていたら・・・
>>ある欲望を!!!!
そうだったのですか!!どおりで最近外で人とすれ違う度に鼻の外側をこすりたくなる訳ですね。。。
コメントフォーム














管理者にだけ表示を許可する
送信時に拍手も送る(拍手用のウインドウが開きます)

プロフィール

名前 : hitabon

2児(♂5歳、♂3歳)の父親です(プロフィール詳細はこちら)

連絡先はこちら
お知らせ
※当ブログへのリンクは連絡不要です
人気記事ランキング
スポンサードリンク
Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。