スポンサーサイト

--.--.--   [スポンサー広告]

不慮の事故により一部消失した日記を何とか書き起こしました

hitabon 
2011.04.07   [日記]



当ブログを読んでくださっている方に、まず謝らなければならない。
今回公開する日記は、一部文字が欠けてしまっている。

何故かと言うと、ブログの下書きは高級和紙に墨汁でいつもしたためているのだが、昨日その和紙が雨に濡れて一部の文字が消えてしまったのだ。
本来ならば公開すべきではないのかもしれない。しかし、今回は敢えてそれを公開したい。


驚くべき事があった。
仕事を早々に切り上げ、急いで私は家に帰った。
玄関の扉を勢いよく開け放ち、出迎えてくれた妻と子供達に声を張り上げる。

「今日、XXXXXXがあったよ!」
(申し訳ございません。Xの部分は雨で消えてしまった部分です)

驚きのあまり妻はその場で腰を抜かしてしまった。子供達は、私が発した言葉の意味が分からないようだ。

「え?お父さん、どういう事?」

長男が私に尋ねる。

「ああ、ごめんごめん。分かりやすく言うとね、XXXXが、XXXXだってよ」
(申し訳ございません。Xの部分は雨で消えてしまった部分です)

「ええええぇぇぇぇぇ!!!!!」

驚きのあまり部屋の中を長男は駆け出す。周りの突然の驚き様に次男はただおろおろしていた。

その日の夜、皆興奮してなかなか寝付けなかった。

私の隣で眠っていた妻が問いかけてくる。

「XXXXになるなんて。。。思いもよらなかったわ。。。」
(申し訳ございません。Xの部分は雨で消えてしまった部分です)

「ああ、そうだね。XXXXは本当うれしいね」
(申し訳ございません。Xの部分は雨で消えてしまった部分です)


次の日の朝。会社に向かう。すると前から歩いてきた老人が話しかけてきた。

「すいません、もしかしてあなたXXXXじゃないですか?」
(申し訳ございません。Xの部分は雨で消えてしまった部分です)
「ああ、そうですよ」

笑顔で私は答えた。

「これはこれは。是非拝ませてください」
「かまいませんよ」

そうこうしているうちに、二人組の女子高生がやってくる。

「あの、もしかして先日武道館でXXXXXXしたXXXXですか!?」
(申し訳ございません。Xの部分は雨で消えてしまった部分です)
「はい、そうですよ」
「サインください!!!」

辺り一面から様々な声が上がった。正直悪い気はしなかった。

するとマイクを持ったレポーターがやってくる。

「すいません、XXXXXした感想をお聞かせ願いますかX」
(申し訳ございません。Xの部分は雨で消えてしまった部分です。最後のXはクエスチョンマークに相当する気もしますが、気のせいです)

「いいですよ。初めてXX×XXXと近所のまさお君から聞いた時は、驚いて近くに落ちていた豚肉を使ってXXXしてしまいました。」
(申し訳ございません。Xの部分は雨で消えてしまった部分です。雨で消えた部分はX(エックス)であって×(バツ)とは微妙に異なります)

「なるほど。今後の夢はありますでしょうか?」
(申し訳ございません。Xの部分はこの行にはありません)

「そうだなぁ。宇宙ステーションでXXXXXを使った、男性初のXXXをしてみたいですね」
(申し訳ございません。Xの部分は雨で消えてしまった部分です。卑猥な発言をしている訳ではありません)

「そうですか。ありがとうございました。以上、昨日業務用スーパーマーケットでたために、香港でXXXXXXしたhitabonさんよりお話を伺いました」
(申し訳ございません。この申し訳ございませんは高島政宏風に読んでみてください)

気がつくと人だかりが出来ていた。

「あの方、このまえハワイでXXXXXしたんだって」
(申し訳ございません。Xの部分は雨で消えてしまった部分です。格好つけてハワイと書きましたがハワイに行ったことはありません)

「へぇあんな若いのに一人でア・バオア・クーをXXXXXしたのか」
(申し訳ございません。Xの部分は雨で消えてしまった部分です。僕がガンダムを一番うまく操縦できると思っています)

「あの子を解き放て。あの子はXXXXだぞ」
(申し訳ございません。Xの部分は雨で消えてしまった部分です。ちょっとワイルドな女の子も大好きです)

「たとえXXXXXXが許しても、この美少女仮面ポワトリンが許しません!」
(申し訳ございません。Xの部分は雨で消えてしまった部分です。日曜の朝はこのシリーズをよく見ていました)

皆が去った後、私は一人、天を仰いだ。
そして静かに口ずさむ。

「仰げば…尊し……和菓子の…XXXXXXXX」
(申し訳ございません。Xの部分は雨で消えてしまった部分です。あと一箇所変換ミスした気もしますが、気にしていません)

歌い終えた私の頬に止め処ない涙がこぼれる。

その涙の理由を私は痛いほど分かっていた。

「この日記のよいXチが思いつかない…」
(申し訳ございません。Xの部分は雨で消えてしまった部分です。X部分には各自好きな文字を入れてください。ただし"オ"だけは諸般の事情によりご遠慮願います)


web拍手 by FC2
コメント

すいません

いつ見ても面白い文章でつな
私もがんばりまうす泣

コメントありがとうございます

ここなさん
ありがとうございまうす
みんなでがんばりまっし(by 中原果南)

こちらにコメントさせて頂くのは、随分久しぶり。覚えてらっしゃいますか?美月です~!

hitabonさん…こんな時間に声あげて笑ってしまいました。まんまとやられています(*^-^*)

コメントありがとうございます

美月さん
お久しぶりです。覚えてますよ!
笑って頂けたら幸いです!腹筋が引き裂けるような文章が書けるよう頑張ります。
コメントフォーム














管理者にだけ表示を許可する
送信時に拍手も送る(拍手用のウインドウが開きます)

プロフィール

名前 : hitabon

2児(♂5歳、♂3歳)の父親です(プロフィール詳細はこちら)

連絡先はこちら
お知らせ
※当ブログへのリンクは連絡不要です
人気記事ランキング
スポンサードリンク
Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。