スポンサーサイト

--.--.--   [スポンサー広告]

僕のマック使いこなし術

hitabon 
2011.04.04   [日記]




私の家でメインに使用しているパソコンはマックだ。
それまで愛用していたWindowsパソコンからマックに3年前切り替えた。
今回は、ある平日の仕事から帰宅後の私の生活を振り返りながら、マックの機能性や使いこなし術についてご紹介したいと思う。

仕事が終わり家に帰ると、まずパソコンの電源を入れる。
パソコンの起動が完了するとスピーカーから聞こえるいつものサウンド。

「いらっしゃいませ」

熱々のハッシュポテトを操作してメールソフトを開く。
どうやら今日はメールを2通受信しているようだ。
机の上に置かれたホットアップルパイを小気味良い音で叩き、サクサク返事を書く。

音楽を何か聴きたい。最近のお気に入りのアーティストはてり焼きバーガーだ。
パソコンの隣に置いてあるラックから、てり焼きバーガーを取りだす。
そしてパティを抜き取るとパソコンにゆっくりと挿入する。
荘厳かつ甘しょっぱいメロディーが流れてくる。

すると画面上に小さなウインドウが突然現れた。

「ご一緒にポテトはいかがでしょうか?」

なるほど、とても気の利いた提案だ。言われるがままに私はポテトを頼む。
受け取ったポテトを右手に持ち、茶色いトレーの上でデジタル絵画を描き始める。
これが最近の密かな私の趣味なのだ。
私によって命を吹き込まれた線は、みるみるうちに画面上で一枚の油絵になる。
ふむ、今日も良い塩加減の絵が描けた。

おっと忘れてはいけない。
あるデータを会社の同僚に明日渡さなければならないのだ。
チキンナゲットをパソコンに指し込む。しかし刺さらない。
毎回裏表を逆に指してしまう。
落ち着いて刺しなおし、データのコピーを行う。
そして忘れずに最後はバーベキューソースをかけておく。
だがこのままではだめだ。これは非常に機密性の高いデータなのだ。
マスタードソースも念のためかけておく。
我ながら用心深い性格だ。

もう一つやる事があった。
妻が近所の公園の地図が欲しいと言っていた。
ハッシュポテトを操作して印刷ボタンを私は押す。
すると足元に置いてある機械が「ピロリ、ピロリ」と聞きなれたメロディー鳴らす。
すると何処からともなく印刷物が出てくる。
正直このメロディーを鳴らす機械、何の機械だかよく分からない。

パソコンの電源を落とす。真っ暗な画面に私の顔が映る。
ニコリと微笑む。

そんな僕の笑顔。

0円。

web拍手 by FC2
コメント

No title

独特の世界観がある記事に、毎回楽しませていただいてます。
応援してます。

コメントありがとうございます

二代目綺羅偉人さん
ありがとうございます。
その有り難いお言葉だけで御飯3杯はいけます
コメントフォーム














管理者にだけ表示を許可する
送信時に拍手も送る(拍手用のウインドウが開きます)

プロフィール

名前 : hitabon

2児(♂5歳、♂3歳)の父親です(プロフィール詳細はこちら)

連絡先はこちら
お知らせ
※当ブログへのリンクは連絡不要です
人気記事ランキング
スポンサードリンク
Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。