スポンサーサイト

--.--.--   [スポンサー広告]

私達の向かう先

hitabon 
2011.03.25   [日記]




大震災発生から2週間が経過した。

計り知れない程の悲しみの涙が流されている。

生まれ育った町を失ったことに。
明日の見えない日々を過ごしていることに。
大切な人の命を失ったことに。

大地を揺らされ、津波に飲まれ、今なお放射線の恐怖に私達は怯えている。

平和な日常を当たり前だと思っていた。揺ぎ無いものだと誰もが確信していた。
しかし、それはいとも容易く崩れた。どれほどの豊かさを誇っていたとしても、私達は無力だった。

悲しみとは違った涙も私は流した。

被災地のために物資や義援金を送っている人達がいた。
一人でも多くの命を救うため懸命に働いている人達がいた。
被災地のために祈りを捧げている世界中の人達がいた。

テレビの画面から発せられたその映像に私は釘付けになった。止め処ない涙が私の目に溢れた。その涙を何と呼ぶべきものなのか、私には分からなかった。
その後、自分に出来る事から私は支援を開始した。この名も無き涙に報いたい。助け合う事が私達には出来るのだ
、と。

先の見えない幾何もの困難がこの先待ち構えている。

さらに悲しみの涙が流されるかもしれない。
復興には多くの年月がかかるかもしれない。
今までの私達の生活を大きく見直さなくてはいけないかもしれない。


それでも断言できる。


私達には未来がある。

web拍手 by FC2
コメント

お久しぶりです

コメントはお久しぶりですが、
いつもブログチェックはしていましたよ。

震災が起きて街は壊滅。
原発の安全性も失われてしまいましたね。
日本はもう駄目だ・・・誰かが言いました。

それでもみんなが立ち直ろうと必死で頑張っています。
その様子を見たり聞いたり・・・逆に私が元気づけられました。

きっと支え、支えられ、、、人間は強くなれるのだと思います。
どんな形でもいい。祈る気持ちだけでもいい。
自分にできる支援を続けていきたいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントフォーム














管理者にだけ表示を許可する
送信時に拍手も送る(拍手用のウインドウが開きます)

プロフィール

名前 : hitabon

2児(♂5歳、♂3歳)の父親です(プロフィール詳細はこちら)

連絡先はこちら
お知らせ
※当ブログへのリンクは連絡不要です
人気記事ランキング
スポンサードリンク
Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。