スポンサーサイト

--.--.--   [スポンサー広告]

日記を書くための3つのフェーズ公開

hitabon 
2010.12.09   [日記製作過程公開]



今回はいつもとちょっと趣旨を変えまして、日記の製作過程を公開したいと思います。
人それぞれ書き方はあると思いますが、一例として参考になればと思います。

今回、以下3つのフェーズでご紹介します。

■アイデアフェーズ
■下書き&推敲フェーズ
■最終フェーズ

それでは以下にそれぞれのフェーズの詳細を記載します。

アイデアフェーズ


基本的に何か日記に書けそうな事柄は、忘れないうちに携帯電話にメモします。
今回の製作過程公開の題材となるメモは以下です。

・歯医者
・道中の風景


歯医者へ向かう途中の風景やら何やらを書こうかな、と思ってメモをしたと記憶しています。次のフェーズではこのメモを使って、日記を組み立てていきます。

下書き&推敲フェーズ


下書きは大まかな話の骨格を書きます(起承転結それぞれの骨格部分)。次にその下書きに対して肉付けをしていきます。以下は、下書き後に何度か推敲した"推敲途中"の状態です。(今回は起承転結の骨格にはあまり拘らずに自由に書いています)

私は31歳のサラリーマン。
今日は隣駅の歯医者へ出掛けた。
電車に乗って移動したが、車内は非常に込み合っており、人の波で思わず後に追いやられて「うわっ」と声を上げてしまった。
到着した駅のターミナルには綺麗な青い車が止まっていた。しばらく見とれてしまったが、時間もなかったため足早にその場を離れた。
行き交う人々。駅の大型スクリーンでは本日の相撲が流されていた。「あの関取は、きっと強くなる」そんな事を一人呟きながら、歩みを進めた。
信号待ちをしていると、中国人らしき女性がスピリチュアルハートブックと言う本を配ってきたが、私はそれをかわして信号を渡った。
途中、かわいい毛並みの犬に出会った。ちょっと近寄ってみたのだが、びりびり響く大きな声で吠えられたので、そそくさと逃げ出した。
駅前のアーケードでは、ヨガ教室の呼び込みをしている人がいた。赤いチラシを辺りの人に配り、ちょっと離れた所を歩いている人にも懸命に手を伸ばし頑張っていた。
歯医者へ到着し、しばらく待合室の椅子に腰を掛け待っていた。だいぶ待たされた。すると、白衣を着た歯科医がやってきて「hitabonさん」と声を上げた。私は待ってましたと言わんばかりに、こちらに向かってきた歯科医に「はい」と言い立ち上がった。
治療が終わり外に出ると、紺の制服をきた警官が、青いコートを身に纏い飛ぶように駆け回っていた。私は思わず「何かあったのかな?」と声を上げ近づいた。


読んで頂ければ分かるとおり、ちょっと何だかなと思った方も多いと思います。次が最終フェーズですが、一呼吸してからお読みください。

最終フェーズ


推敲を何度も重ね、最終的に以下の日記となりました。

私は21歳のアメリカ空軍少佐。
今日は殺された親友の仇を取るためにある場所へ出掛けた。
電車に乗って移動したが、車内は非常に込み合っており、人の波で思わず後に溜めて「ソニックブーム」と声を上げてしまった。
到着した駅のターミナルには綺麗な青い車が止まっていた。しばらく見とれてしまったが、時間もなかったため足早にその車を破壊した。
行き交う人々。駅の大型スクリーンでは本日の相撲が流されていた。「あの関取とは、きっと戦う気がする」そんな事を一人呟きながら、歩みを進めた。
信号待ちをしていると、中国人らしき女性がスピニングバードキックという技を放ってきたが、私はそれをかわして信号を渡った。
途中、 緑色の肌とオレンジ色の髪をした人間に出会った。ちょっと近寄ってみたのだが、びりびりと電気を発していたので、そそくさと逃げ出した。
駅前のアーケードでは、ヨガをしている人がいた。赤い炎を辺りに撒き散らし、ちょっと離れた所を歩いている人にも懸命に手を伸ばし頑張っていた。
ある場所へ到着し、しばらく椅子に腰を掛け待っていた。だいぶ待たされた。すると、白い胴着を着た格闘家がやってきて「俺より強い奴に会いにいく」と声を上げた。私は待ってましたと言わんばかりに、こちらに向かってきた格闘家に「サマーソルトキック」と言い立ち上がった。
試合が終わり外に出ると、赤の制服をきた悪の総帥が、青い炎を身に纏い飛んでいた。私は思わず「やっと見つけたぞ」と声を上げ近づいた。


以上、苦情は一切受け付けませんのでご了承ください。


考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
バーバラ ミント グロービスマネジメントインスティテュート
ダイヤモンド社

web拍手 by FC2
コメント

No title

下書き>> ストⅡフィルター >>最終フェイズww
ケンとザンギエフが出てこないのは仕様ですか?w
 
しかし、読み返して頭に浮かんだのはストⅡではなく
ファミコン時代のスパルタンXのドット絵でした・・・。

はじめまして。

いつもいつも楽しく読んでおります。

hitabonさんの文章力にはいつも驚かされます。

hitabonさんはガ○ルだったんですね。

そう考えるとこれまでの文章のつじつまも合いました。

これからもおもしろい文章、楽しみにしております。

No title

日記の書き方と思って読んでいたら、
なぜか最後は小説の書き方になっていたでござる。

どうしてあのメモがここまで広がるんだ(笑)
この日記の書き方はhitabonさんしか出来ないですよ!

No title

かわってます! 変わっちゃってますよ!! 日記ではなくなってるんじゃないのでしょうか???
もう一度読み返してみてくださいよ! まったくかわってますよ!

No title

こりゃまた懐かしいワザの数々・・・
歯医者の全然関係無くなっちゃった!
ガ○ル少佐って21歳だったんですね(笑)

あそこクリックしたら1票入れられるのかな~?

てか小説書けばいいのに~

なるほどー。そうだったんですね。非常にわかりやすかったです。感動して涙が出ました。

『なるほど、そうきたか…』と私は呟き、非常口に向かってコサックダンスをしながら進んだのだが、足腰が弱っている中年女性の私にはコサックダンスはキツく涙が出たのだった。

↑師匠の足元にも及びませんが、こういうことですか?

メモとか下書きなんて書いた事ねーですよ、、こういう所が傑作と駄作の差になるんでしょうね~w

今回も文章読むだけで絵が見えました♪

No title

すごいですね。
hitabonさんの日記はこんなに
手間ひまかけられて作られていたのですね。

大変参考になりました。
が、私には無理ですぅ~v-12

No title

面白いですねw
「サラリーマンが歯医者に行った」日記から「アメリカ空軍少佐の仇討ち」小説になってるじゃないですかv-405

一つ一つの出来事を参考にしながらまったく違う感じの文章に変えることができるなんて、やっぱり文章力があるひとにしかできませんね!
むしろそういうエッセイみたいなの書けば売れると思うのですがw

私もブログの書き方、ちょっと参考にさせてもらいましょうかな><;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

すごいの一言に尽きます!
メモをしてできた日記が、このような素晴らしい小説に昇華できるなんてすごいです。
hitabonさんの発想力と文章力を是非伝授して頂きたいです!

私も見る人が楽しんだり、笑ってくれるような作品が作れるようになりたいです。

追伸です

この手法を真似て日記を書いてみました。妄想好きの私としては楽しかったです。ただ自分の文章力のなさに、うちひしがれましたが(笑)

コメントありがとうございます

マッキさん
>>ケンとザンギエフが出てこないのは仕様ですか?
仕様ですw
逆に最初はもっと登場人数が少なかったのですが、何人かねじ込みましたw

SOUさん
はじめまして!
>>hitabonさんはガ○ルだったんですね
そうなんです。私はストリート系だったんです。

Hanaさん
>>日記の書き方
自分で書いておいてあれですが、日記の書き方、っていうのも変な話ですね。
日記なのだから思ったままに書けばいいじゃない!って話ですよね

ちっぴ~さん
>>かわってます! 変わっちゃってますよ!!
たぶんその日によって性格やら考え方がころころ変わるから、日記も変わってしまっているのかもしれません。。。

Juno☆さん
>>ガ○ル少佐って21歳だったんですね(笑)
私も調べてみてびっくりしました。アラサーくらいだと思ってました。
(普段アラサーなんて単語を使わない私が、頑張ってアラサーって書いてみました)

mackyさん
ありがとうございます
>>てか小説書けばいいのに~
何か良い題材があれば書いてみたいですが、肝心の題材がないです(笑

久那さん
>>↑師匠の足元にも及びませんが、こういうことですか?
師匠だなんて^^;思った通りに書いたものが正解だと思います!
>>追伸
丁度コメント送信しようとしたところで追伸みましたw
後ほど読んでみますね^^

雅さん
>>メモとか下書きなんて書いた事ねーですよ
メモしないと次の日には書こうとした事を忘れてしまうんです^^;
毎日更新できるほうがよっぽど凄いですよ!!

きいらりさん
>>手間ひまかけられて作られていたのですね。
>>大変参考になりました。
確かに手間ひまかかる時もありますね。
でも、少なくとも今回のはあまり参考にしない方がよろしいかと。。笑

無花果さん
>>やっぱり文章力があるひとにしかできませんね!
私も日々修行中ですよ!書いていて、どうしても後一歩思いつかないような表現やら何やらが多数です^^;

優月さん
>>このような素晴らしい小説に昇華できるなんてすごいです。
ちょっと大げさです(笑
最近思うのですが、イラストで服のしわとか影とかどうやって書いているのか(ここにしわがあった方がいいとか、影はこうかかるはずとかの判断という意味で)、その事が不思議でなりませんwイラスト書く人は、身に周りの物も含めて色々な物を研究しているんですね
コメントフォーム














管理者にだけ表示を許可する
送信時に拍手も送る(拍手用のウインドウが開きます)

プロフィール

名前 : hitabon

2児(♂5歳、♂3歳)の父親です(プロフィール詳細はこちら)

連絡先はこちら
お知らせ
※当ブログへのリンクは連絡不要です
人気記事ランキング
スポンサードリンク
Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。