スポンサーサイト

--.--.--   [スポンサー広告]

次男(0歳10ヶ月)から私への手紙

次男 
2010.12.06   [家族からの手紙]



拝啓 秋も深まり朝夕はめっきり冷え込む様になりました。
本日の朝に父上が会社に出社されてから数時間経ちましたが、お仕事の方は如何でしょうか。家の方は先日鎖骨を骨折しました兄のお見舞いのため祖父母が来宅しておりまして、大変賑やかです。

 さて、今回父上にいくつか確認したいことがあり筆をとりました。年少者ゆえ、世の万事をよどみなく理解出来てはおりませぬが、その点は何卒ご了承ください。

 まず先程も述べましたように、祖父母(父上からすれば義父母ですね)が来宅しております。その事に関しては母から先ほど電話がいったと思います。その電話の内容による事の顛末に、私は一途の不安を抱きました。"祖父が父上のパソコンを使って良いか?"電話の内容は要約するとこんなものだったと記憶しています。父上は二つ返事で了承したそうですね。殊にこの決定に関しまして、本当に問題ございませんでしたでしょうか?

 祖父はその返事を母を通して聞いた後、自分でお土産に持ってきたあんころ餅を左手でほおばりながら、右手でマウスをせかせかと動かしておりました。私は黙ってペットボトルを咥えながら遊んでおりましたが、祖父が言うには大切なメールの確認をしたいとのことでした。好奇心旺盛な兄はパソコンのディスプレイをこっそり覗き込もうとしておりましたが、その度に祖父の大きな足に阻まれておりました。油断大敵、祖父は私の事をまだ物の分からぬ赤ん坊と思っているのか、まあ否定出来ぬ部分もありますが、私がパソコンのディスプレイを覗くことに何の警戒心も持っておりませんでした。そのため私が画面を覗いてみたところ、祖父は画像、動画ファイルをパソコン内から全て検索しているようでした。私の座っていた位置からはディスプレイの詳細を確認することは出来ませんでしたが、敵の本陣へ向かう兵の群れの如く多数のファイル名が列挙されていた事は記憶しております。私は年少者ゆえに世の万事をよどみなく理解出来てはおらぬので、それが意味することはとんと理解出来ませんでした。

 母と祖母は台所に立ち、なにやら昼ごはんの準備をしておりました。香ばしい香りが漂ってまいりましたが、結局のところまだ幼き私にはそれを食べることは出来ませぬので、別段の興味は抱きませんでした。兄は怪我をした腕を白い布でぶら下げながら、あんぱんまんたいそうなる踊りをせっせと踊っております。怪我ゆえにあまり体を動かさない方がよいのではないかしら、とも思ったのですが、怪我をしてから日々心に溜まった鬱憤もあるでしょうし、私は何を言う事もなく唯黙って見ておりました。祖父は相変わらずパソコンの前にどかっと腰を降ろしたままで、このまま動かないのではないか、と心配致すくらいでした。私は先日父上から購入して頂いた麒麟のぬいぐるみの長い首の部分を両手で掴み遊んでおりましたが、ふと祖父がいじっているパソコンが気になり覗いて見ました。そこには、見たことのない「S」、「A」、「B」、「C」というランク付けされたフォルダが作成されておりました。祖父は母が淹れた温かいお茶をずずっとすすりながら、先刻検索した画像や動画を熱心に振り分けておられました。私は年少者ゆえに世の万事をよどみなく理解出来てはおらぬので、それが意味することはとんと理解出来ませんでした。

 昼食を食べ終え、日差しはとても穏やかに照っておりました。私も母上より母乳を頂いて強烈な睡魔に襲われましたが、祖父母が今日は用事があるのでもうすぐ帰る、ということでしたので眠い目を擦り我慢して起きておりました。そんな時、祖父はおもむろに皆で写真を撮るからそこに並べとおっしゃりました。私は祖母に抱きかかえられ、おそらく写真の最も写りの良い中央に配置して頂きました。これこそ最年少ゆえの特権というものでしょうか。兄がなかなかカメラのほうを向かずに、皆がやきもきしておりましたが、私は腹も膨れていたことですし、何も言わずに笑顔で我慢しておりました。家族全員(こう記すと父上だけがその場にいなかったのに失礼ですね。申し訳ありません)の渾身の一枚が取れた後、私は祖父の言葉にはてと思いました。母一人の写真を一枚撮りたいとのことでした。私や兄も写らず母のみとは、子を持つ親の写真という点においては珍しいことだな、と思いましたが、近くに置いてありました赤い小さな椅子に掴まりだ立ちをして、様子を見守っておりました。祖父は母の写真を取り終えるや否や、すぐさまその写真データを父上のパソコンに移しておりました。目にも留まらぬ速さ、とは正にこの事ではないでしょうか。そしてその母の写真にYoungGirl.jpgという名前を与えておりました。自分の母ゆえに、年齢が若いかどうかという尺度では母を見たことはありませんでしたが、見る人によってはそうなのかしらと黙って観察しておりました。そして祖父はそのファイルを、ランク「S」のフォルダに移動してパソコンの電源をお切りになりました。私は年少者ゆえに世の万事をよどみなく理解出来てはおらぬので、それが意味することはとんと理解出来ませんでした。

 父上もまた子を持つ親。なんと父親とは複雑なものかと衝撃を受けた一日でございました。父上が帰宅されましたら、まずはパソコンを確認して頂くのが宜しいかと思います。祖父が別れ際に母に向かって言った一言、"いろいろ頑張りなさい"。私は年少者ゆえに世の万事をよどみなく理解出来てはおらぬので、やはり、それが意味することはとんと理解出来ぬのでございました。

 以上,乱筆にて失礼しました。寒さも日毎に増します今日この頃、どうぞお体をご自愛ください。

敬具


手紙 (文春文庫)
手紙 (文春文庫)
posted with amazlet at 10.12.05
東野 圭吾
文藝春秋
売り上げランキング: 812


web拍手 by FC2
コメント

No title

本当に義父の行動だったのでしょうか・・・
日ごろのhitabonさんの行動を見ていた次男氏の犯行・・・
PC知識、偏った英語能力、1歳未満の小さな身体を駆使した隠密活動
これほど工作員としての才能があるというのに
義父の犯行に見せかけるべく取った行動が稚拙(!?)な手紙による密告・・・

年少者ゆえの甘さ、世の万事をよどみなく理解出来てはいない事を露呈しているのかも。 
 

「A」は「あまりにもひどい」
「B」は「ベーシック過ぎ」
「C」は「ちょっと。ちょっとちょっと。」
「S」は「最高ー☆」

奥さん「最高ー☆」っていう意味ですよね、義父さん。

ところで何が1番多かったんですか?

Sが奥さんならCにはいったい何が!w


PC使える義父さんスゴイですね~♪
私の周りの親世代はケータイメールが限界のようですw

コメントありがとうございます

マッキさん
全て次男の犯行だったとすると、末恐ろしいですね。。。
今後次男が夜泣きした際は、私がつきっきりで面倒みてあげたいと思います。。。

アメ玉舐代さん
義父さんにはほんといつもお世話になっております。。。
ね♪義父さん♪

雅さん
義父さんは老人向けのパソコンのインストラクターもしていて、広範囲に渡ってそれなりに詳しいです。ね♪義父さん♪

いつもながら文学的ですね

いつも訪問していただいてありがとうございます。
お父さんが、プライベートのPCを勝手にいじっていたのですね。

それって、あんまりいいことじゃないんじゃ。

手紙、という映画は私も見ました。悲しい話ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントフォーム














管理者にだけ表示を許可する
送信時に拍手も送る(拍手用のウインドウが開きます)

プロフィール

名前 : hitabon

2児(♂5歳、♂3歳)の父親です(プロフィール詳細はこちら)

連絡先はこちら
お知らせ
※当ブログへのリンクは連絡不要です
人気記事ランキング
スポンサードリンク
Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。