スポンサーサイト

--.--.--   [スポンサー広告]

日本を学ぶ 第1回「ガラパゴス土器」



「縄文時代早期の土器」 from wikipedia


池川「みなさんこんばんわ。HitabonTV、アナウンサーの池川クリスタルです。日本を学ぶ、第一回の今夜はガラバゴス土器、つまり日本固有の土器について学びたいと思います。スタジオにはゲストがお越しになっております。hitabon大学で土器について研究しておられるパーシー佐々木先生です。どうも本日はよろしくお願い致します。」

パーシー「よろしく、お願いします」

池川「早速ですが、最近パーシーさんは、新たに発掘された土器について研究されているとか?」

パーシー「ええ、本日スタジオに持ってきています。こちらになります」

池川「縄の紋様がある土器ですね。これはどのような土器なのでしょうか?」

パーシー「紀元前4052年の秋冬モデル、JO-992iですね」

池川「やはり昔も年に数回の頻度でモデルチェンジが行われていたのでしょうか?」

パーシー「そうですね。そこの縄の紋様の部分は当時の有名なデザイナーによるものです。そのため、この土器はStyleシリーズと銘打った物の一つになります」

池川「確かに独特かつ美しい紋様ですね」

パーシー「それ以上に特徴的なのが防水/防火/防塵/防腐加工がされていることです。誤って川や海に落としたり、焚き火の中に落とした場合でも問題なく動作することが出来ました。」

池川「それはすごいですね。基本機能である、通話に関してはどうだったのでしょうか?」

パーシー「通話機能の説明をしますと。。まずこの土器の底を見てください。」

池川「はい。。何か小さな穴が開いていますね」

パーシー「ええ。土器の外面の底を口元に持ってきて、発声することで通話機能が利用できます。これは、世界で始めての拡声器とも言われています。」

池川「拡声器の起源はこんなところにあったのですね。ただ、通話したい相手を記憶することが出来ませんよね?」

パーシー「その点も問題ありません。この土器の内側を見てください。縦方向に文字が書かれていますが、これは人の名前です。まず予め決められた位置で土器のこの突起部分を北方向に合わせます。この時、名前が書かれている方向にその人物がきっといる、ということになり通話が可能です」

池川「メモリー機能も付いていた、という訳ですね。他に特徴的な機能はあるのでしょうか?」

パーシー「この機種から腕背具(ワンセグ)機能が付いています」

池川「腕背具…とは?」

パーシー「昔は今と違い、一歩町の外を出れば猛獣が闊歩する時代。いざという時に、この土器を腕と背中に装着することが出来まして、たぶん身を守れます」

池川「それは安心ですね」

パーシー「また外出の際の空腹時にはSUICA機能が利用されていました。簡単に言うと、この土器に西瓜が保存できます。それにより長距離の移動の際は貴重な貯蔵庫としての役割も果たしていました」

池川「なるほど。長距離の移動ということになると、確か他にも便利な機能がありましたよね?」

パーシー「はい、GPS機能ですね。この土器によって現在位置を知ることが出来ます」

池川「ほう、どうやって使用するのでしょうか?」

パーシー「え~っとですね、土器のこの辺りをバキっと割って…」

池川「あ!?割ってしまって大丈夫なのですか!?」

パーシー「ああ、かまへん、かまへん。で、この割った土器を地面に予め撒いておきます。この撒かれた土器によって位置を記録するのです」

池川「なるほど、よく考えられていますね。そして最後となりますが、手元の資料によりますとカメラ機能が非常に高性能だったとか」

パーシー「ええ。画素数でいうと現代のカメラを遥かに上回っています」

池川「え!そんな事があり得るのですか?」

パーシー「実際に撮ってみましょう。通話の時に使用した穴を外側から覗いて、こちらを見てください」

池川「はい。こうでしょうか?」

パーシー「ええ、そうです。何が見えますか?」

池川「ええと…先生が見えますね」

パーシー「はい!今、心のシャッターが切れた!!」

池川「……」

パーシー「……」

池川「えぇ……本日はそろそろお時間のようです。日本を学ぶ、第一回は土器について学び…」

パーシー「もう終わった?いいの?え?まだ?」

池川「……パーシー佐々木先生、本日はどうもありがとうございました」

パーシー「ありがとうございました。…いや、嫁さんが早く鰯買ってこいって……」

池川「それでは、また次回お会いしましょう」


縄文土器前期 日本の美術No.496
建石 徹
至文堂
売り上げランキング: 143792


web拍手 by FC2
コメント

(爆
「かまへん、かまへん」って…師匠(名倉さん)?

当時はGPS機能使ったら買い換えだったんですねw

こんばんは(^-^*)/

すごい多機能な土器ですね持ち運びにゎちょっと重そうだけど(笑)今回もクスッ(*′艸`)とさせていただきました(笑)

大ツボ!

きっとここにいる。
多分大丈夫。
↑ここらへんのアナログなとこが
かわいい!
土器を割るくだりは
「ヘンゼルとグレーテル」を
思い出しました♪

ガラパゴスとかギャラクシーとか…

縄文時代のスマートフォン?すごい機能だー。

No title

イヤーー! スゴイ!
身を守る腕背具・SUICA機能まで付いてる多機能な土器・・・
またまた笑ちゃいました~~♪♪

No title

出鼻で池上彰の声が脳内再生されたの
1行目が終わる瞬間には滝川クリステルになっている… 
しかし、読み進むと上柳昌彦の声に…。
 
土器の話?? 神の手ですか?w

No title

昔からハイセンスなものがあったんですねw
防水/防火/防塵/防腐加工。
素晴らしい性能ですw

農作業中、ドロで汚れてもばっちり洗えますねw

にゃは~=^・ω・^=

母に読んで聞かせましたら(老眼のため)Suicaのところで爆笑!
「北にあわせる」とかもぉ!
ケータイでもちゃんと見れてます(^^)v

コメントありがとうございます

雅さん
>>「かまへん、かまへん」って…師匠(名倉さん)?
特に誰と意識せずに書いてました^^;
GPS機能はもろ刃の剣ですね。。。

あちりゅんさん
持ち運びは確かに大変そうですね。
折りたたみ式の機種があれば売れていそうですね

purecreamさん
>>ヘンゼルとグレーテル
ほんとですねw
でも、土器なら動物に食べられる心配はないですね!

ichirihoさん
全部入り土器があったら私も欲しいです

kiyumiさん
こんな土器があったらドキドキしちゃいますよね。。。。

マッキさん
マッキさんの脳内再生っぷりが逆にすごいですww

夏目 春妃さん
農作業にはもってこいかもしれないですね

猫尾美月さん
なんか色々ありがとうございます。
お母様に、是非今度一緒にお茶でもとお伝えください。
>>ケータイでもちゃんと見れてます(^^)v
ありがとうございます。それは良かったです!

No title

いやー実に面白い。素晴しい発想と言うか何というか。Y・K

No title

通話機能からGPS機能までついてるなんて、ガラパゴス土器の性能は素晴らしいです!
空腹時には是非SUICA機能を使わせて頂きます(笑)
パーシー佐々木先生、ありがとうございました!!

コメントありがとうございます

Y・Kさん
ありがとうございます。
日記の内容はいつも、ワインを片手にペルシャ猫を撫でながら考えています。

優月さん
SUICAは予めチャージを忘れないようにしてください。またチャージには有効期限があると思いますので、夏場等は特にお早めに使用するようご注意くださいませ。
コメントフォーム














管理者にだけ表示を許可する
送信時に拍手も送る(拍手用のウインドウが開きます)

プロフィール

名前 : hitabon

2児(♂5歳、♂3歳)の父親です(プロフィール詳細はこちら)

連絡先はこちら
お知らせ
※当ブログへのリンクは連絡不要です
人気記事ランキング
スポンサードリンク
Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。