スポンサーサイト

--.--.--   [スポンサー広告]

償いのドーナツ

名無し 
2010.09.13   [日記ではない何か]
今回は日記ではありません、フィクションです。色々と思うところがあり、結末は二つ用意しました。元々は結末Bを想定して書き始めました。Bにはちょっとした仕掛けがあります。タイトルの「償いのドーナツ」は前回の日記「ドーナツを巡る旅」でsionさんからコメントで頂いたフレーズです。sionさん、いつもありがとうございます。




 住宅街の夏の夜道を、薄暗く疲れた街灯達が点々と照らしていた。私は一度立ち止まり大きな溜息をつくと、再び歩き出した。
 結婚して十余年。私と妻は二人三脚で頑張ってきた。しかし妻には本当に大変な思いばかりさせてきてしまった。それに加え、今夜妻に重大な告白をしなくてはならない。それは私と妻の行く末を変えかねない重大な事柄だった。
 街灯の灯りから伸びた木々の影が絡みつき、私の足取りは重かった。私は細長い箱を脇に大事に抱え、妻の待つ家へと力を振り絞り足を進めた。

 既に時計の針は12時を回っていたというのに、妻は私の帰りを待っていてくれた。それはまるで私の告白を予期していたかのようだった。

「少し話があるんだ」

 そう言うと、妻と向かい合い食卓に腰を掛けた。私は伝えなくてはならなかった。先月の検査で分かった事実。私はこれから喉を失うことになるという事を。

「実は…」

 そこまで言いかけた時、妻は静かに笑うと、私の言葉を遮った。

「分かっています。大丈夫ですよ」

 どうして。私は驚きのあまりその一言が出なかった。

「申し訳ありません。実は先日貴方の日記を見てしまったのです」

 妻は静かに答え、テーブルの上の細長い箱を優しく指さした。

「それよりも、その美味しそうな箱は何かしら?」
「ああ、これか?お前の大好物だ。一緒に食べようと思ってな……」
「それなら、これから一緒に召し上がりましょう」

 妻は立ち上がり、何事もなかったように台所へお茶の準備へ向かった。妻に全て先制を取られてしまい、私は言いたいことを何一つ伝えられなかった。私の不甲斐なかった過去を。それに次ぐ、無い喉を夏から治療しなくてはならない、これからの苦難の道を。

 妻がいつもの使い古した湯呑みを二つ食卓に置く。コトン……コトン……と小さな音を立て並べられ、再び部屋を静寂が襲った。私達と湯呑みの間には細長い箱が無言で鎮座している。

「苦労ばかりで、本当にすまない…」

 予め考えていた言葉は遠く彼方へ散ってしまい、今の私にはその言葉が紡ぎ出すので精一杯だった。

「私はいつも貴方から色々な物を頂いています。貴方にない物は私が差し上げます」

 湯呑みから立ち上る湯気のせいか、霞んだ妻の顔を私はまともに見る事が出来なかった。しかし見るまでもなく、それはこの世で最も優しく、最も美しいものだった。

「今もまた貴方からのプレゼントを頂きますよ」

 妻は子供のような笑顔で細長い箱に手をかけた。妻には敵わない、心の底からそう思った。

A:
 細長い箱の中には、甘い香りと色とりどりの想いが詰まっていた。しかしその中に償いの色を纏ったものは、もはや何一つとして存在しなかった。

B:
 妻の手が止まった。細長い箱の中には何も入っていなかった。なぜだろう?どこかで落としてしまったのだろうか?
注:ただの駄洒落なので、決して深読みはしないようご注意ください……

web拍手 by FC2
コメント

ありがとうございます。

hitabonさん、こちらこそ、拙い私の言葉を使っていただいてありがとうございます。
で・・今回の日記は実にシリアスなドラマ仕立てで・・
2つの箱に何が込められているのか想像だにできませんが・・・
ただ・・文中の >それに次ぐ、無い喉の部分が、意図的か
または偶然かと気になったところです。
Bの続き・・・きっとどんでん返しがあるのでしょうね。
続きを楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます

コメントを頂いたお二人には申し訳ないのですが、これには続きはなく、ただの駄洒落だったりするわけです……^^;
本文にも注釈入れておきます(笑)

「償いのドーナツ」で何か書いてみようという考えから出発して、そこから駄洒落を考え、それに合わせてストーリーを即興で描いてみた感じなので、深い話ではないのです><やっぱり、駄洒落が不自然すぎて無理がありましたね、ちょっと反省TT

結末が2つあるのは、結末Bだけでは、もやっとした救われない終わり方になってしまい、ちょっと可哀想だったので(笑)、綺麗な終わりを寧ろ本命として加えてみました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

償いのドーナツ

次ぐ、無い喉を夏・・・・・・・・

No title

何かあるはず… っと深読みしすぎましたwww
仕事中、アナグラムか… 英語に訳すか… 縦読み!?
 
もっと素直になりたい^^;

No title

償いのドーナツ=次ぐ、無い喉を夏(つぐないのどをなつ)
でいいんでしょうか?
箱の中には何も入ってなかった・・・(ないのどをなつ)かしら?

違っていたら、ごめんなさいねぇ~。

難しいわ~~~ ・・・( ̄∀ ̄;)汗

No title

今回の話も見入ってしまいました
駄洒落に気付けなかったのが悔しいです!

・・・・・・・・・・
Bの結末を見て、シュウマイの話を思い出しました
(蓋に付いてたってオチのやつ)

No title

かなり深読みしました( *´艸`)クスクス
注意書きがあるにもかかわらず・・・
すっごい考えちゃいましたよw

駄洒落?え??ってw

みなさんの書かれているコメントを見て、
ようやく気付いたとか(*ノωノ)
ヤラレタ・・・(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます

purecreamさん
ドーナツ美味しいですよね……

マッキさん
今度は疑心暗鬼になってしまうくらいの話を考えてみます

kiyumiさん
だ、大丈夫です。難しい話ではないのですTT

雅さん
>>今回の話も見入ってしまいました
>>駄洒落に気付けなかったのが悔しいです!
なんかもうありがとうございます^^;

cyoko★さん
>>注意書きがあるにもかかわらず・・・
>>すっごい考えちゃいましたよw
すいません、次は頑張ります!??

No title

洒落なのにも関わらず、途中で感動してしまった私(笑)

ほんと、文才ありますね。
うらやましい限りです!

足跡から来ました。

見事な文章というか、語りにというか、感嘆しました。
又来ます!!

No title

嫁子さん
ありがとうございます。
あの駄洒落のためだけの文章とはいえ、BADENDな話にしなくて良かったです^^;

PIKOMASAさん
そっち方面で褒めて頂けるのも、それはそれで大変嬉しいです。
ありがとうございます。

No title

いい家庭ですね
文章の表現が広く色んな考えが浮かび上がってきます。

オレもオンラインで知り合った婚約者と良い家庭になれるよう頑張る^^


足跡サンクス

コメントありがとうございます

たぁくんさん
ありがとうございます。
>>オレもオンラインで知り合った婚約者と良い家庭になれるよう頑張る^^
頑張ってください!!式を上げる際には、このブログ名義で電報を送ります(笑
コメントフォーム














管理者にだけ表示を許可する
送信時に拍手も送る(拍手用のウインドウが開きます)

プロフィール

名前 : hitabon

2児(♂5歳、♂3歳)の父親です(プロフィール詳細はこちら)

連絡先はこちら
お知らせ
※当ブログへのリンクは連絡不要です
人気記事ランキング
スポンサードリンク
Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。