スポンサーサイト

--.--.--   [スポンサー広告]

密着ドキュメント 第1回 「スーパーサラリーマン:hitabon氏の仕事風景」(3/4)

hitabon 
2010.09.08   [密着ドキュメント]



前回までのお話
密着ドキュメント 第1回 「スーパーサラリーマン:hitabon氏の仕事風景」(1/4)
密着ドキュメント 第1回 「スーパーサラリーマン:hitabon氏の仕事風景」(2/4)

■13:00
昼休みが終わり、再び仕事の時間。

hitabon氏(以下h)「……………」
スタッフ(以下ス)「あの、hitabonさん?」
h「……床を汚したのは僕じゃなくて息子が……」
ス「hitabonさん!?」
h「ごめんなさ……え?ああ、、、、仕事中でしたね……」
ス「今、寝ていませんでしたか?あと、少しうなされていたような」
h「そんな訳ないじゃないですか、いやだな、ははは」

どうやら、書類をパソコン上で作成している途中だったようだ。ディスプレイ上の書類には以下のような文面が。

「この問題を解決するために、次のっじゃい;おじゃふぃえjfj;あい」

ス「この文章の後半の意味は?」
h「ああ、、はい、、ちょっと素人には分からないかな。。。」

そう言いながら、こっそりとBackspaceキーを連打しているのを我々スタッフは見逃さなかった。

■14:00
ス「今、何のお仕事をされているのですか?」
h「はい、今はですね……パソコンのデスクトップ上のアイコンを移動させて"シゴト"という片仮名を表現しています」

どこまでも仕事熱心なのだろう。

■15:00
h「15:00ですね。不思議と気分がうきうきしますよ」
ス「そ、そうですね」
h「と、そんな話をしていると、衝撃の展開が!!」
ス「あの、、そういう煽りは大丈夫ですので……」
h「ああ、そうですか……」

すると職場の女性が、各人のデスクにお菓子を配りながら回っていた。どうやらお土産を配っているようだ。

h「あの人は私とは違う部署の人なので、私の所には配りに来ないかな」

女性がhitabon氏の近くまで来た。hitabon氏は目の前のパソコンに集中しているようだった。だが何故か先ほどよりもキータッチ音が激しい。さらに、目線があちこちに泳いでいた。そしてhitabon氏の予想通り、その女性はhitabon氏にはお土産を渡さずに去っていった。

h「ほら、だから私の分はないと言ったでしょ。べ、べつに欲しくなんてなかったんだから……ばか……」

hitabon氏は聞いてもいないのに、しきりにそう語っていた。

■17:00
終業時間を伝えるチャイムが鳴る。

ス「お疲れ様でした」
h「どうもありがとうございます」
ス「仕事は捗りましたか?」
h「う~ん、今日はあまり捗らなかったな。明日こそは本気だしますよ。私はやれば出来る子ですから」

そう言いながら帰り支度をするhitabon氏。その時、上司が彼の元にやってきた。何かを話しているようだ。hitabon氏は必死で何かを訴えている。

h「ワタシ ニホンゴ ワカリマセン」
h「ソコクデ コドモガ マッテマス」

上司はhitabon氏の肩を軽く叩くと、そのまま去っていった。

ス「どうしました?」
h「残業になってしまいました。。。全く話の通じない上司だ。まあ、とりあえず頑張りますよ」

そう言うと再びパソコンに向かった。スタッフがhitabon氏のパソコンを覗く。ブラウザの検索部分には以下の文字列が記入されていた。

「上司 撃退 キン肉バスター やり方」

■18:00
立ち上がり、再び帰り支度をするhitabon氏。どうやら残業は終わったようだ。再び上司がこちらに向かってきた。ところが、hitabon氏は鞄を持ち上げ、上司とは反対の方向へ走り出す。

ス「何かあったのですか?」
h「ララァが、ララァが呼んでいる。。」

要約すると「もう残業したくないので、上司に話しかけられないうちに帰ります」ということらしい。

ス「でも、明日上司に何か言われないのですか?」
h「大丈夫、大丈夫。まあ何か言われたら、温厚さに関しては日本三大仏と称えられる私でも、こればかりは上司にガツンと言ってやりますよ」
ス「ほう、一体なんと言うのですか?」
h「すいませんでした、ってね……」

hitabon氏の日本三大仏の座は安泰だ、とスタッフは改めて確信した。

<4へ続く>

web拍手 by FC2
コメント

No title

相変わらず面白いww
 
しかし、疑惑を感じずにはいられない…
キン肉マン、1stガンダム、どちらも30th記念だったはず
30歳?? なんか30代後半(私と同世代)の匂いがします… 

(.(ェ).)
 

私のツボは・・・

「この問題を解決するために、次のっじゃい;おじゃふぃえjfj;あい」
                ↑ここの部分でした。

No title

面白い!!
14:00の時点で爆笑でした
「上司 撃退 キン肉バスター やり方」(爆
PCの検索履歴だけでも笑えそうです

みゅ

この自叙伝、いつ発売ですかww
もぉ だめ はまってしまった。。。

No title

えっと、、、
返されないように注意しないと、筋肉マンバスター!

No title

今日も笑いました・・・
サラリーマン手引き書にしたいくらいです。
なるほど・・ガツンと言ってはダメですね。

>「すいませんでした、ってね……」

これこれ、これこそ安泰に生きるサラリーマンの奥義です(^^)ニコ

No title

サラリーマンもなかなか大変そうですね^^
ほんと笑えます^^

コメントありがとうございます

マッキさん
今気づいたら、私31歳でした(笑
い、いずれにせよキン肉マンとかガンダムって、リアルタイムで見ていたのか、再放送で見ていたのか記憶が曖昧です

purecreamさん
ほんとにこのミスはよくやってしまいじゃふぁ;dljkふぁsd

雅さん
ありがとうございます
キン肉ドライバーでないだけ、上司への愛がありますね。

みゅうさん
自叙伝って(笑
転職する際には、履歴書の代わりにこのページを見せることにします

80tarouさん
6を9にされちゃうんですよね(笑

sionさん
こんなサラリーマン増やしてはいけません(笑

pyon66pyon
ほんと大変です。
デスクトップに書類を置く時は、シゴトのコの点々の部分に保存しよう等、細心の注意を払う必要があります

No title

すっごく面白いですねぇ~!
笑わせて頂きました。
仕事風景が目に浮かびますよ。
続きが楽しみです~♪

No title

マンガ、アニメがアラフォー世代の私とかぶってます・・・
年齢サバ、読んでないですよね?(笑)

hさんの仕事ぶりは、ウチの夫の仕事の話と
ものすごく酷似してますi-229
ネットサーフィンは程々にねっっi-234

コメントありがとうございます

kiyumiさん
ありがとうございます。
次が最後?のはずなので、頑張ります

Juno☆
>>年齢サバ、読んでないですよね?(笑)
同じツッコミを以前も受けましたが、ほんと31です(笑
私の周りの同年代の漫画やアニメ感は、だいたい私と同じですよ^^;
コメントフォーム














管理者にだけ表示を許可する
送信時に拍手も送る(拍手用のウインドウが開きます)

プロフィール

名前 : hitabon

2児(♂5歳、♂3歳)の父親です(プロフィール詳細はこちら)

連絡先はこちら
お知らせ
※当ブログへのリンクは連絡不要です
人気記事ランキング
スポンサードリンク
Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。