スポンサーサイト

--.--.--   [スポンサー広告]

刻まれる時と私達

hitabon 
2010.08.19   [日記]



夏休み。私達家族4人は私の実家を訪れた。1ヶ月ぶりの帰郷だ。
車で1時間かけて到着した私達を、母と祖母は暖かく迎えてくれた。長男も久しぶりのおばあちゃんに大変喜んでいた。

カチ。カチ。カチ。
10:00

私の実家の居間には大きな壁掛け時計が掛かっている。何年も使っている時計だ。12時になると仕掛けが動き出し、賑やかな音楽とともに人形が飛び出してくる。しかし、母が毎回音楽が五月蝿いとその仕掛けをオフにしている。そのため、その時計は居間の高いところから部屋を見下ろし、カチカチと唯々静かに時を刻んでいた。

カチ。カチ。カチ。
15:00

皆で今日の夕飯の話をした。母と祖母が既におはぎを作ったらしい。黄粉。ゴマ。餡子。母と祖母は昔からおはぎ作りが得意だった。長男はおはぎが大好物なので、とても楽しみだとはしゃいでいた。祖母はそれを見て、作った甲斐があったと喜んだ。母が冷蔵庫の中で冷やしていた西瓜を持ってくる。山盛りの赤、緑、黒の点々。嫁も息子も喜んで食べた。祖母が長男に対して、もう15:00だから夕飯に支障がない程度に食べなさいと忠告した。だが長男はお構い無しに西瓜を頬張り、種を飛ばしていた。

カチ。カチ。カチ。
16:30

母達は夕飯の準備に取り掛かった。妻も家から持ってきたエプロンを纏い、母達と一緒に夕飯の準備へと台所へと向かった。妻と母が楽しそうに嵐や最近のドラマの話しをしながら作業をしていた。私は話の内容はよく分からなかったが、それを見てから息子達と遊んだ。息子はいい匂いがすると台所につまみ食いに行っては、油が飛ぶから危ないと妻に追い返された。そんな息子に祖母がこっそりと小さなチーズをあげていた。その内の1個を私は息子から譲り受け、17:00から息子の好きなアニメをケーブルテレビで一緒にチーズを食べながら鑑賞した。その後、親戚も遊びに来て、一同、夜の宴会が待ち遠しくなってきた。

カチ。カチ。カチ。
18:00

おはぎに揚げ物、肉料理、サラダが加わり、思ったより夕飯の準備に時間がかかったと母は話していた。だが時計を見るとまだ18:00だった。
祖母が言った。
「まだ寝るまでに時間が一杯あるから、皆とたくさん遊べて嬉しいね」
皆そうだねと頷いた。全員で乾杯して宴会が始まった。私の目の前には大量の酒。ビール。日本酒。ワイン。息子にはオレンジジュースが用意されていた。息子はオレンジジュースが大変気に入ったようだ。妻が息子におかずを取り分けていた。息子の皿には、プチトマト付きの緑のサラダ、黒いおはぎ、こんがり焼けた鳥肉が載っていた。代わりに私が妻の皿におかずを取り分けてあげた。

18:30

私はビール4杯目を飲み終え、日本酒を飲んでいた。だいぶお腹も脹れてきていた。時計を見た。18:30。
おかしい。直ぐ様そう感じた。夕食を食べ始めてからだいぶ時間が経ったはずだ。誰かが時計が止まっていると声を上げた。皆が目線を上げた先、時計からは何も音が聞こえなかった。そして18:30丁度を指したまま、時を刻むのを止めていた。

--:--

私は母から受け取った単三乾電池を時計にはめた。母がビデオデッキが放つデジタル表示の時間を見て、正しい時間を私に伝える。20:30。私はそれに合わせて時計の針を進めた。ついでに埃にまみれていた時計を雑巾で拭き、ふたたび部屋の高い位置に画鋲を使って取り付けた。

カチ。カチ。カチ。
20:30

再び時計は動き出した。私は手に付いた埃を流水で流し、皆の待つテーブルへと向かった。
妻は母に揚げ物の作り方のコツを聞いていた。長男は親戚のおじさんからアンパンマンの映画のチケットをもらい喜んでいた。次男は天井の明かりを見つめながら、きゃっきゃとご機嫌だった。
ただ一人、祖母は浮かない顔をしていた。
「まだ18:30だと思ったのに、もうこんな時間だなんて、なんだか損した気分だ」
私は笑って祖母に言った。
「みんな楽しんでいるんだから、誰も損をしていないよ」
楽しんだ時間だけ、ちゃんと時間を払わなければならないと思った。
テーブルでは祖母が私のグラスにビールを並々と注いでくれていた。そういえば、私が生まれてすぐに亡くなった祖父は、グラスに並々と酒を注いでもらって飲むのが好きだったそうだ。私は席に着き、一気にビールを飲み干した。お返しに祖母のグラスに並々とビールを注いだ。

カチ。カチ。カチ。
時計は静かに時を刻んでいた。

私と家族のしあわせ時間 (ESSEの本)
若松 美穂
扶桑社
売り上げランキング: 258676

web拍手 by FC2
コメント

ありがとうございます

ブログに来て頂きまして、有難うございます。

和やかで良いですね~。拍手させていただきます。

よくあるちょっとした矛盾

五月蠅いといって
OFFにしていた時計なのに、
いざその遠慮がちなカチカチという音が
聞こえなくなったときの
一家のプチ狼狽ぶりがいいですね。
似たようなこと
あります・・・

No title

「時間を払う」 良い表現ですねぇ

そして「損をした気分」と思う御祖母さんの思いが切ない。
考えすぎかな…。
 

 

コメントありがとうございます

かぶともさん
ありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します。

purecreamさん
時計の音、家にいると四六時中聞いているのに、気にならないように脳が処理しているのですかね

マッキさん
>>そして「損をした気分」と思う御祖母さんの思いが切ない。
私もちょっと切ない気分になりました。

読み応えがあります。

足跡をたどって着ました。
文章を書き慣れてらっしゃるのですね。
文章に引き込まれました。
短い文の中にその場の風景が浮かんできます。
時計の音が読む側にも時を刻んでくれました。
また伺いますね。

コメントありがとうございます。

sionさん
お褒めのお言葉ありがとうございます。いつでもいらしてください。
コメントフォーム














管理者にだけ表示を許可する
送信時に拍手も送る(拍手用のウインドウが開きます)

プロフィール

名前 : hitabon

2児(♂5歳、♂3歳)の父親です(プロフィール詳細はこちら)

連絡先はこちら
お知らせ
※当ブログへのリンクは連絡不要です
人気記事ランキング
スポンサードリンク
Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。