スポンサーサイト

--.--.--   [スポンサー広告]

僕と息子の「ルパンVS複製人間」実況録

hitabon  長男 
2011.09.03   [日記]


どっぷりと外は夜につかり、近づきつつある台風が風を唸らせ、アパートの硝子窓を激しく叩きつけていた。

「ほら、お母さんと一緒に寝るよ、おいで」

3歳の長男と、1歳の次男に向けて、リビングで妻が声を挙げる。時刻は21:30頃。1歳の次男は眠気に押されながら、自ら寝室へとよたよた歩き出した。
だが、

「いやだ、もうちょっと起きている!」

長男が一人、反対した。

「分かった。じゃあ、お父さんとTV見ててもいいから。お母さんは、次男を寝かしてくるからね」
「は~い。じゃあ、何を見ようかな?」

妻は次男と共に寝室へと去り、長男はわくわくした顔でこちらに尋ねてきた。

「う~ん、そうだなぁ」

私は、TVのリモコンを手に取ると、チャンネルの番号の若い順から画面を切り替えていった。

「あ、僕、これがいい」

映画ルパン三世が映し出されたところで、長男は声をあげた。

「う~ん、長男にはおもしろくないかな・・・そもそもルパン三世知らないだろうし・・・」
「僕、ルパン知ってるよ!」
「え、どうして知ってるの?まさか知ってるとは思わなかった」
「えっとね、じいとばあのお家に、ルパンの車のおもちゃがあるの」
「ほう、そうだったんだ。よし、じゃあルパンを一緒に見ようか」

こうして僕と長男のルパン三世「ルパンVS複製人間」鑑賞会が始まった。

【僕と息子の「ルパンVS複製人間」実況録】の続きを読む

スポンサーサイト
スポンサーサイト

港町の夜は異国の雰囲気に包まれて

hitabon    長男  次男 
2011.09.01   [日記]




 潮風が、遠くに浮かぶ船の汽笛と共に、赤い煉瓦に染み渡る街。私達家族は、横浜に遊びにきていた。時刻は既に18時を回っている。私は、予約していたホテルの駐車場に車を停車させた。

「お父さん、今日はおうちに帰らないの?どこに泊まるの?」

 3歳の長男がこちらに身を乗り出して、質問を浴びせてくる。家族で遊びに行く際は、大抵は午前中に子供達の朝ごはんを急がせ、身支度をして、それから家を出る。そして、遅くても17時頃には家に戻ってくる。今日は、いつもと違う場所、違う空気に、彼は体を震わせ、辺りを見渡していた。

「今日はここのホテルに泊まるんだよ。だから、おうちには帰らないの」
「ええ~ホテルに!?ホテルってすごいの?強いの?」
「それは強いよ。お父さんがゴムゴムの実を食べて、ラバーメンになっても、このホテルには到底敵いやしないさ」
「えぇ!お父さんよりも強いんだ。僕と次男は大丈夫かな」
「大丈夫。ほら、かまいたち、ホテルに入るぞ」

【港町の夜は異国の雰囲気に包まれて】の続きを読む

プロフィール

名前 : hitabon

2児(♂5歳、♂3歳)の父親です(プロフィール詳細はこちら)

連絡先はこちら
お知らせ
※当ブログへのリンクは連絡不要です
人気記事ランキング
スポンサードリンク
Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。