スポンサーサイト

--.--.--   [スポンサー広告]

踏み出した未知の世界への小さな一歩

長男  hitabon 
2011.01.26   [日記]



長男が3歳になった。3年前の真冬の真夜中、小さな体にくしゃくしゃの顔で生まれてきた彼は、今では私に立派に物言える程大きくなった。喜び。苦労。幸せ。あっという間の3年間だった。今年からは幼稚園。初めて親元を離れての一人での行動。彼は私達がいない場所で、自分で考え、自分で行動する。嬉しくもあり、少し寂しくもある。

<本編の記事は記事内の任意の場所をダブルクリックで縦書きと横書きが切り替わります。上手く表示されない場合はお試しください>

【踏み出した未知の世界への小さな一歩】の続きを読む

スポンサーサイト
スポンサーサイト

キウイときゅうりに纏わる起源

hitabon  長男 
2011.01.23   [Hitapedia]



「これ何ていう名前?」

夕御飯を食べ終えた私が携帯を弄っていると、息子が皿に山盛りになったキウイを持って尋ねてきた。

「ああ、それはキウイだよ」

そう答える私に、息子は不思議そうな顔をして再び尋ねる。

「え?きゅうり?」

確かに似ている発音だ。

「ちがう、ちがう、これはね"きゅうり"じゃなくて”キウイ”って食べ物なんだよ」

もう一度丁寧に教えると、息子は僅かに驚いたような顔と共に納得してくれたようだ。

「そうか~。どっちも緑で名前、同じみたい」

「はは、確かにどっちも緑で名前が…」

私はそこまで言いかけた時、思わず言葉に詰まった。今まで全く意識していなかったパズルのピースが突然頭の中に現れる。

"きゅうり"と"キウイ"という非常に似通った発音。
”きゅうり”も”キウイ”も同じ緑の食べ物。

果たしてこの2つの事実は偶然なのだろうか?

部屋の隅にある私の背丈程の木でできた本棚を見た。嫁が毎日掃除をしてくれていたため綺麗に本が整えられ、本たちは手に取ってもらえる時を今か今かと待っている。その本棚の一番下。とりわけ一番大きくて古い本。色褪せた紅い背表紙に濁った金色の文字でこう書かれている。
「Hitapedia」
そこには森羅万象、この世のありとあらゆる事が記載されている。

私は大きく深呼吸をした。この中に二つのパズルのピースの謎を明らかにする答えがあるはずだ。両腕で丁寧に取り出した本を、机の上にごとりと置いた。使い込まれ少し日に焼けているページを静かにめくっていく。古い本の独特の香りが紙と紙の間から溢れだし、私の鼻をくすぐった。

そして私は見つけた。

【キウイときゅうりに纏わる起源】の続きを読む

息子がバーバパパグミと吼える刻

hitabon    長男 
2011.01.15   [日記]



私たち家族は車で嫁の実家に向かっていた。

時折車内に差し込んでくる朝の日差しが眩しい。そして外界の厳しい寒さとは打って変わって、24度に設定した風が車内をこの上なく心地良い空間へと作り変えていた。
おおよそ一時間の旅。私の気分も最高潮で、交差点の左右を確認する時の首の振りはFMの電波から流れてくるマイケル・ジャクソンにも負けぬくらい鋭かった。

文句の付け所のない非常に清々しい休日。そう思った時だった。

「"バーバパパグミ"が食べたい!!」

<この日記は本来ある文字列が多数出現するはずでしたが、ゲシュタルト崩壊を防ぐためその文字列を若干変更してあります>
ゲシュタルト崩壊・・・同じ漢字を長時間注視しているとその漢字がバラバラに見えたり、連続で羅列された文字列を読み続けると途中からなんとも形容しがたい、いわゆる「こんがらがった」状態になる現象である。(by wikipedia)

【息子がバーバパパグミと吼える刻】の続きを読む

店員を呼ぶを考える

hitabon 
2011.01.11   [考えるシリーズ]



「すいません!」

飲食店において自分の座っているテーブルから店員を呼ぶ時は、手を上げそう叫ぶだろう。

ただ往々にして、店員誰一人にも気づいてもらえない場合がある。
その場合、振り上げた手のやり場に困ってしまう。この広い宇宙の中、ひとりぼっちの気分になってしまう。

そこで今日はそんな時の誤魔化し方を、パターンごとに考えてみたい。
このブログを読んだ方で、もし同じような境遇に合われた場合は是非ともお試し頂きたい。

【店員を呼ぶを考える】の続きを読む

[音声日記]2011年 新年のご挨拶

hitabon 
2011.01.07   [音声日記]
皆様、あけましておめでとうございます。

本来ならばこの日記を新年一発目とすれば良かったのですが、そこまで気が回りませんでした。
お詫びと致しまして、今回は私の音声日記を公開したいと思います。

このBlogの著者はこんな感じの人なんだな、というのを感じて頂ければと思います。
(初めての動画作成のためお見苦しい点もあるかと思いますが、ご了承ください)



【[音声日記]2011年 新年のご挨拶】の続きを読む

プロフィール

名前 : hitabon

2児(♂5歳、♂3歳)の父親です(プロフィール詳細はこちら)

連絡先はこちら
お知らせ
※当ブログへのリンクは連絡不要です
人気記事ランキング
スポンサードリンク
Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。