スポンサーサイト

--.--.--   [スポンサー広告]

食べ放題とっさのひとこと ~当店のご利用方法は、ご存知でしょうか?~




みなさん、こんにちわ。
「食べ放題とっさのひとこと」。講師のエミリー北川です。
さて今日も、食べ放題のレストランを訪れた際のマナーや、テクニックについて楽しく学んでいきましょう。

今回のお話は、家族でバイキング形式の食べ放題に出かけた田中さん一家。席に着いたのはいいのですが、そこで困ったことになってしまいます。では早速見てましょう。

【食べ放題とっさのひとこと ~当店のご利用方法は、ご存知でしょうか?~】の続きを読む

スポンサーサイト
スポンサーサイト

夜凪の時

hitabon  長男 
2010.11.26   [日記]



 幾層もの赤や黄色の暖かい光が、透き通った空からオフィスの中へと舞いおりていた。時計の針はゆっくりと時を刻み、行き交う人の足取りも自然と緩やかになる。会社の昼休み、ある者は携帯電話を弄り、またある者はバソコンのディスプレイをぼんやり眺め、またある者は机に上に突っ伏し、それぞれが微睡みの海の中を右に左に漂っていた。
 机の上に置いてあった私の携帯電話が、水にあげられた魚のように声もなく震えだした。深いところをゆらゆらしていた私の意識も一気に水面まで引き上げられる。「メールでも受信したのか」さほど気にも留めずに再び目を閉じようとした。しかし震えは鳴り止まない。薄い氷越しに覗いたようなぼやけた視界の先には、"妻"、そして"着信中"の文字。「こんな時間に珍しいな」携帯を右手で取り上げながら、そう思った。ただそれ故に、言い表せない不安が一瞬にして私の体を包み、心臓の鼓動を騒がしくした。口が少し乾いているのを感じながら、電話を取る緑色のボタンに親指を伸ばした。
 私は上司に簡潔に現状を伝え荷物を纏めると、会社の門を飛び出していた。弁当箱やら手帳やらが詰まった黒い鞄は、私に置いて行かれまいと必死に肩から掛けた帯にしがみつく。すぐにタクシーを見つけて駆け込むと、白く綺麗に手入れされたシートに座る間もなく口早に行先を告げた。家族が待つ公園へ。

【夜凪の時】の続きを読む

HITABON QUEST II (後編)

hitabon    長男  次男 
2010.11.22   [HITABONQUEST]




HITABON QUEST II (前編)

長男「なかなか出てこないね」

洞窟の中に、長男の声だけが何重にもこだました。
確かに奴の姿、形も見えない。もしかして、この洞窟から逃げてしまったのか?そう胸をなでおろした、その時だった。

※今回、マウスカーソルで今読んでいる行をなぞりながら(縦方向のみで大丈夫です)画面をスクロールして頂くと、特殊なエフェクトが楽しめます。お試しになる場合は、以下の確認をお願いします。
 ・ブラウザのJavascriptをON(特別にいじっていなければONのはずです)
 ・ブラウザのウインドウの大きさを、画面最大サイズより少し小さくする(画面全体に対して、上下左右少し幅を開けてください)
 ・パソコンを見るときは、部屋を明るくして見ようね!

【HITABON QUEST II (後編)】の続きを読む

HITABON QUEST II (前編)

hitabon    長男 
2010.11.18   [HITABONQUEST]



それは暑い夏の夜のことだった。

2010 hitabon software presents

突如、鋭い悲鳴が家の中にこだました。

directed by

私と長男は二人で、その現場に急いだ。

hitabon

年老い…麗しき我が妻が恐怖の表情と共に、寝室の扉の前で立ち竦んでいた。

HITABON QUEST

村娘(妻)「勇者様、助けてください。寝室に…寝室に黒き小さな悪魔が現れたのです」

II

~OP音楽~


※今回、マウスカーソルで今読んでいる行をなぞりながら(縦方向のみで大丈夫です)画面をスクロールして頂くと、特殊なエフェクトが楽しめます。お試しになる場合は、以下の確認をお願いします。
 ・ブラウザのJavascriptをON(特別にいじっていなければONのはずです)
 ・ブラウザのウインドウの大きさを、画面最大サイズより少し小さくする(画面全体に対して、上下左右少し幅を開けてください)
 ・パソコンを見るときは、部屋を明るくして見ようね!

【HITABON QUEST II (前編)】の続きを読む

hitabon流:愛の究極上品ロールケーキ

hitabon 
2010.11.14   [日記]



先日、ローソンのプレミアムロールケーキを会社帰りに購入し、家族全員で初めて食した。
なにやら「2010年:モンドセレクション金賞」を受賞したスイーツらしい。

嫁は「何これ?ジェームスボンドが選んだ?」と発言されながらも、これは美味しいと笑顔で平らげた。長男が最後に少し残した部分も全て食べていた。私の分も食べられるかと戦々恐々とした。ただ私はその時、妻のロールケーキに対するある言及に関して、いくばくかの違和感を覚えた。

「すごい上品な甘さ」

【hitabon流:愛の究極上品ロールケーキ】の続きを読む

プロフィール

名前 : hitabon

2児(♂5歳、♂3歳)の父親です(プロフィール詳細はこちら)

連絡先はこちら
お知らせ
※当ブログへのリンクは連絡不要です
人気記事ランキング
スポンサードリンク
Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。