スポンサーサイト

--.--.--   [スポンサー広告]

嫁日記 -思考の深さと餅-

  hitabon 
2013.03.04   [日記]



 人間とは、思考をする生き物でございます。
 それこそが、人を人たらしめている、最も重要な要因であると、常日頃より私は考えておりました。
 勿論、動物達にも、生きていく上で、物事を考える事は当然ありますでしょう。しかしながら、その己の生への探求、物事の因果関係の究明、人の情の追求には、他の生物の追随を許さぬ、深遠さがあるものでございます。
 それは、人の矜持でもあり、歴史上多くの思想家たちによって培われてきた、人類の知恵と申すべき物でございましょう。
 こと私の主人の思考の深さに関しましては、それはもう、比類無き程のものでございまして、私のような者が、一歩そこに足を踏み入れようものならば、富士の樹海と申しましょうか、暗黒の海の底と申しましょうか、とても正気を保っている事が出来ない程でございます。

【嫁日記 -思考の深さと餅-】の続きを読む

スポンサーサイト
スポンサーサイト

彼女の記憶

hitabon 
2013.03.01   [日記]



 毎晩のように、同じ女性の夢を見た。彼女は、僕の知っている人間ではなかった。いや、遠い昔に何処かで会ったような気もした。
 何よりも、彼女は死人だった。

【彼女の記憶】の続きを読む

白い涙が舞い降りる中で

hitabon 
2013.02.20   [日記]



 ゆき。
 そう聞かれ、皆さんは、誰を思い出すだろうか。

 柏木由紀、YUKI、兵藤ゆき、小柳ゆき。または、自分の周りの「ゆき」という名の人物。 皆一様に、想い入れの深い人物であったり、関わり合いのある者を、思い浮かべたであろうと思う。

 さて、本日の日記は、今思い浮かべた「ゆき」という名前の人物に関して、この後、全く関係がないので、取り敢えず忘れてもらって結構である。

 これからの話は、四方を壁で囲まれた、会社内の給湯室に、突如として舞い降りた「雪」に関して語りたいと思う。

【白い涙が舞い降りる中で】の続きを読む

劇場版おむすびころりん

hitabon  長男  次男 
2013.02.15   [日本昔ばなし]



さあ、子供達よ。今夜も寝る前に、お父さんが、お話を読んであげよう。
じゃあ、今宵はおむすびころりんを読んで、え、この前も読んだばかり?
だから、違うお話がいいって?
ううむ、困ったな。それならば、お前たち、こんな話しは知っているかい。。。

すっとんとん
すっとんとん

あの5000万部突破の昔話が、ついに映画化される。。。。

"ねえ、呪いの穴ってっ知ってる?"
"え〜何それ?何それ?"
"たしか、その穴におむすびを入れると、大金持ちになるらしいよ"
"すごいじゃん、僕もそんな穴、見つけたいなぁ"
"でもね…心の汚れた人が、それを見つけるとね…"

『ジャパニーズ・ホラーの原点が、最凶の映像と共に蘇る』

【劇場版おむすびころりん】の続きを読む

ちよこれえとの涙は、どこか辛く

hitabon 
2013.02.14   [日記]



 妻を持ち、子供を養っている身である私にとって、2月14日といふものは、いつしか、それほど特別視する程の日では、なくなってしまった。

もう此処何年も、ちよこれいとと言う洋菓子は、この日、妻からしか頂いていない。女の子でも授かっていれば、不恰好なそれを手作りして、ぴんく色のりぼんと一緒に渡してくれていたのかもしれないが、息子達は世の女性方から、頂戴する側であり、今年に至って長男は、一緒に幼稚園バスに乗っている女の子からこれ貰った、などとのたまいながら、嬉しそうに小さなクッキーが入った透明な袋を、私に見せてくるのである。その程度ならまだしも、父はいかほどのちよこれえとを会社で貰ってきたのか、と質問さえしてくるので、私は、父はお前たちを産んだ反動で、ちよこれえとを口にすることが出来なくなった、だからいらんのだ、と人差し指の爪に挟まったゴミを掬い出しながら、説明したりする。

【ちよこれえとの涙は、どこか辛く】の続きを読む

プロフィール

名前 : hitabon

2児(♂5歳、♂3歳)の父親です(プロフィール詳細はこちら)

連絡先はこちら
お知らせ
※当ブログへのリンクは連絡不要です
人気記事ランキング
スポンサードリンク
Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。